ウエストバージニア州
State of West Virginia

米国ウエストバージニア州政府 日本代表事務所

住所

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦 3-25-11
日生村瀬ビル7階
TEL:052-953-9798,
FAX:052-953-9795

代表

村山 敦子
村山 敦子 アドレス

業務内容

投資誘致

州政府の手厚いサポート

ウエストバージニア州には現在世界32か国から135社、うち日系企業は22社が進出しており、その多くは自動車、化学、航空宇宙、金属加工など製造業が中心です。
ウエストバージニア州ではこれらの企業をプロジェクト準備段階よりサポートしており、進出後の拡張も含め継続的にサポートしています。また、ビジネスの他に駐在員の生活面においてもサポートするなど小回りの利く支援を心がけております。
まずはお話を伺い、一緒に解決していきますのでどうぞお気軽にご相談ください。


  • 具体的なサポート内容:
  • 貴社のニーズに合った用地・建物の選定
  • 建設業者の紹介
  • 弁護士・会計士などサービス会社の紹介
  • 法人設立、銀行口座開設
  • 許認可の取得
  • 従業員の募集・採用・研修
  • サプライヤー調査
  • 駐在員やその家族の運転免許の取得、ソーシャルセキュリティ番号の取得
  • 企業と地元コミュニティとの橋渡し

ウエストバージニア州の優位性 – 安定・堅実・安全

定着率の良さ

ウエストバージニア州の製造業の離職率の低さは全米第一位。すなわち定着率の良さ全米第一位。(BLS Industry Report 2018 & 2020)

工業電気料金・ガス料金が安定して供給・安い

天然ガスと石炭に恵まれ、北米最大の天然資源州の一つ。天然ガスによる火力発電が主流だが、アパラチア山脈上に北米東部最大級の風力発電施設を有する。天然資源調査・開発において最も魅力的な投資先世界第五位。(Frazier Institute調)

自然災害に強い

アパラチア山脈に守られた地形構造上、竜巻・ハリケーン・地震による被害がほとんどない。(米国海洋大気庁調査より)

抜群の物流ロケーション

北米東部巨大市場に囲まれ、全米総人口の半数とのカナダの人口1/3が一日輸送可能範囲

高い安全性

石炭産業が盛んだった頃、危険と常に隣り合わせだった為、チームワーク力が何より重要であった。その名残が州民に根付き、労災被害は今でも少ない(Oregon Consumer and Business Services調)。凶悪犯罪発生率もFBIの統計で過去に連続26年間全米で最も低かった記録を持つ。

理想的なワークライフバランス

旅の専門家が選ぶ「世界で最も魅力的な旅先」世界第二位。(”Best in Travel 2022 Top 10 Region” by lonely planet) おちついた環境で仕事を充実させたいIT企業やリモートワーカーの移住が増加。住宅着工件数も上昇。


これからのウエストバージニア州

昨年末の一般収支は調査開始(1970年)以来過去最高を記録し、その好調な税収により州内道路整備やブロードバンド整備を過去最大規模で推し進めています。
これにより道路・物流・通信網がさらに充実し、EVやバッテリー関連サプライチェーン、自動車・化学素材周辺産業の物流時間とコストの削減が期待できます。
データセンター、国家施設や電波望遠鏡が存在する等、安全で安定した土地(強固な岩盤と低い自然災害)であることは実証されていますが、ブロードバンド網の拡充によりさらに広範囲で安定した土地が使えるようになります。
2019年にGDP成長率が全米第一位になって以来、常にトップ10内にあるウエストバージニア州は石炭の採掘跡地がグリーン産業(風力発電やカーボンフリー超高速リニア鉄道)に代わるなど、変革の時期を迎えており、日系企業がより参入しやすい環境になってきました。

プレゼンテーション動画

ファイルをダウンロード