ウエストバージニア州 State of West Virginia

米国ウエストバージニア州政府日本代表事務所
www.westvirginia.or.jp


〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦 3-25-11 日生村瀬ビル7階
TEL:052-953-9798, FAX:052-953-9795

代表      水谷和代          mizutani@westvirginia.or.jp
副代表     村山敦子          murayama@westvirginia.or.jp

業務内容:投資誘致、貿易促進、観光促進

州政府の手厚いサポート

ウエストバージニア州には現在21 社の日系企業が進出しており、その業種は自動車、化学、金属加工など多岐にわたります。当州ではこれらの企業をプロジェクト準備段階よりサポートをしており、進出後の拡張も含め継続的にサポートしています。
当州ではビジネスにおいてはもちろんのこと駐在員の生活面においてもサポートしています。

具体的なサポート内容は、
  • 貴社のニーズに合った用地・建物の選定
  • 建設業者の紹介
  • 弁護士・会計士などサービス会社の紹介
  • 法人設立、銀行口座開設
  • 許認可の取得
  • 従業員の募集・採用・研修
  • サプライヤー調査
  • 駐在員やその家族の運転免許の取得、ソーシャルセキュリティ番号の取得
  • 駐在員のための住居探し、病院、ESL 講座などの紹介
  • 駐在員のための住居探し、病院、補習校、ESL 講座などの紹介
  • 企業と地元コミュニティとの橋渡し
ウエストバージニア州の優位性
  • ジャスティス知事就任以来、新規・拡張併せて50億ドルの投資がなされました。
  • ウエストバージニア州は国内そして世界経済のエネルギーハブで、エネルギー生産は全米5位です。
  • Frazier Instituteの2017 世界石油調査によれば、ウエストバージニア州は石油調査・開発において最も魅力的な投資先として世界第5位にランクされました。これは前年に比べ一挙に17位ランクを上げたことになります。
  • ウエストバージニア州のビジネスコストはCNBC’s America’s Top States for Business 2018のビジネスコストカテゴリーで第11位にランクされました。CNBCは各州の税制、インセンティブ、ユーティリティ、賃金、賃料などを考慮してランク付けをしています。
  • ウエストバージニア州の製造業での離職率は全米で一番低く、その他の業種においてもすべて全米平均より低い数値です。