アーカンソー州 State of Arkansas

アーカンソー州政府日本事務所
www.arkansasedc.com

105-0001
東京都港区虎ノ門5-13-1虎ノ門40MTビル7階
TEL:03-4530-9815, FAX:03-4530-9800
WEB:http://www.arkansasedc.com

代表:ジャンセン ニール
Email: njansen@arkansasedc.com

業務内容:投資誘致 貿易促進

アーカンソー州の概要
アーカンソー州は、北はカナダ、南はメキシコの中間地点に位置し、米国のほぼ中心です。人口は約300万人で, 面積は約14万平方km、緯度は35°で大阪とほぼ同じ位置です。そのため、年中日本と同じような気候で四季もあり、天然資源も豊富です。毎年、FORTUNE誌500社のトップを独占しているWAL-MART社(合同会社 西友)の本社が当州にあり、州内の物価や土地価が安く、日本人でも生活しやすい環境です。 州から半径880キロ以内の範囲で、1億人の市場にアクセスができ、これは米国人口の40%以上を占めています。また、日系人口が増えている地域と日系企業による投資が増えている南東部に位置しているため、ビジネス開発をするには最適な環境と言えます。



アーカンソー州の主要産業
主要産業は、鉄鋼、自動車部品、航空機、化学品、電気製品、食品加工、製紙などの製造業です。また、風力発電、IT、天然ガス開発、建設機械製造、航空機補修等の新規大型投資が近年増加しています。

最大の輸出産業は、航空機の内外装産業で、州内にある Dassault Falcon Jet、Raytheon、Lockheed Martinでは、企業向け中小型ビジネスジェット機の内外装を仕上げ、最終完成機として世界中の顧客に納入しています。現在、州内には多数の日系企業が進出しており、様々な分野で事業を展開しております。日本企業はアーカンソー州で約6,000人雇用しており、日野自動車株式会社、金井重要工業株式会社、日本郵船株式会社も拠点を州内に置き、日本食品産業では、大塚ホールディングス、伊藤忠商事、カゴメが州内に拠点をおいております。日本企業に加え, アーカンソーを拠点とする国際企業は32ヵ国から進出しております。中でも、ドイツ、イギリス、フランスがこれらの事業の大半を占めています。

また、農業、畜産、林業、鉱業などの一次産業も強くお米の産出は全米の45%以上を占め、鶏肉、臭素材(Bromine)も全米1位です。また、大豆、綿花、ピーカン、キャットフィッシュの生産も全米トップクラスです。州西部の膨大な天然ガス資源は、急ピッチで開発が進んでおり、関連の採掘機械、鋼管などの周辺事業が拡大しています。


詳細につきましては州の経済開発庁(AEDC)のホームページArkansasedc.comをご参照ください。