ワシントン州 State of Washington

ワシントン州政府商務局 日本事務所
https://www.commerce.wa.gov

〒105-0003
東京都港区西新橋1-13-1 DLXビル9階

TEL: 03-5579-9988
FAX: 03-5579-9291
Email:japan@commerce.wa.gov

ヘイディ・サルメラ
マネージャー

業務内容:投資誘致

ワシントン州について
ワシントン州は西海岸(太平洋)に位置しており、太平洋岸北西部として識別されます。 カナダのブリティッシュコロンビア州と国境を分けています。日本とワシントン州は一世紀以上にわたり密接な貿易関係を結んでおり、その関係は三池丸が488トンの貨物と8人の乗客、253人の移民をシアトルまで運んだ1896年まで遡ります。日本はワシントン州にとって3番目に大きな貿易パートナーであり、シアトル・タコマ広域都市圏は日本と米国間の通商にとって重要な関門です。

概要
  • 全日空、デルタ航空、大韓航空、タイ航空、ユナイテッド航空及びベトナム航空の航空会社6社が、シアトルから東京・成田への直行便による旅客サービスを提供。
  • シアトルの人口は極めて多様であり、日本人の人口は米国で7番目(31,000人)に多い。
  • ワシントン州のピュージェット湾地区のアジア系アメリカ人の人口は全米で11番目に多い285,000人であり、この地区の総人口250万人の11.4%に上る。
  • 投資の優遇が盛んです。全ての法律、規則、インセンティブおよび好機は、国内外の企業に等しく適用されます。日本企業は、米国企業と同じ基準の下でワシントン州においてビジネスを展開することが可能。
  • フォーチュン500の企業のうちアラスカ航空、Amazon.com、コストコ、エクスペディア、Expeditors International、マイクロソフト、ノードストローム、パッカー、スターバックス、ウェアーハウザーの10社が本社を置く。

ワシントン州の競争上の強み
  • クリーンエネルギー、情報技術、先端素材、海運および航空宇宙分野を中心とした極めて熟練した才能豊かな労働力を有する。
  • 米国で最も安価なエネルギーコスト。ワシントン州の産業エネルギー料金は1kWh当たり4.25セントと低く、日本の平均の4分の1。エネルギーの75%以上は再生可能エネルギー源に由来するものであり、州の法律は2030年までに無炭素電力を100%にすることを義務付けている。
  • クリーンテクノロジー全体では米国第5位、電気自動車で第3位、LEED認証ビル開発で第5位に位置付けられている。州は、2045年までにクリーンエネルギー生成源の使用を100%にすることを公約にしている。 
  • 州知事主導のイニシアチブは革新的なクリーンエネルギーソリューション、強力な環境保護、次世代送電網管理および電力貯蔵、ならびに、二酸化炭素排出量の大幅な削減に重点を置いている。