テネシー州 State of Tennessee

米国テネシー州政府日本事務所
www.tennesseejapan.com(和文)

〒231-0001
横浜市中区新港2-2-1
横浜ワールドポーターズ6階
TEL:045-222-2042, FAX:045-222-2043, tennjp@ywbc.org

代  表:山口喬世
代表補佐:三田村優美

業務内容:投資誘致

テネシー州について

テネシー州はカントリーミュージック、エルビス・プレスリーやジャック・ダニエルだけが有名ではありません。国際物流のフェデックス本社フォルクスワーゲンGMの生産拠点として、又日産自動車ブリヂストンの米国本社・工場が在る国際ビジネス拠点として高い評価を得ています。
テネシー州は日本と同様に四季と豊富な自然に恵まれ、州民の勤労意欲が高く、サザン・ホスピタリティーと呼ばれるフレンドリーな環境が特徴です。州内にはエネルギー研究で有名なオークリッジ国立研究所テネシー大学バンダービルト大学など最先端の研究機関が多数あり、自動車産業、グリーンエネルギーやバイオ・IT等のハイテク関連産業の大規模投資が行われています。


テネシー州の主要産業

自動車及び関連部品、化学品、コンピューター、産業機械、金属、ゴム・プラスチック製品、食品など多岐に渡る製造業が発展しており、2012年より電気自動車「リーフ」の生産に伴いリチウムイオン電池工場も操業を開始しました。その他金融・保険・医療、音楽、サービス産業も州の主要な産業です。

テネシー州の投資環境
テネシー州は米国南東部で日本企業による投資額及び雇用人数が最も多い州で、日系企業からの累計投資額16億ドル以上1兆8千億円)は全米トップの水準で、4万4千人以上が日系企業に雇用され、全世界からのテネシー州向け投資額の50%以上が日本からの投資で、州を挙げて日本企業を歓迎しています。日本企業の投資先としてテネシー州が選ばれる理由はいろいろとありますが、その一例として・・・

  • 恵まれたロケーション:
    米国南東部の中心に位置し、全米76%の主要市場に車で24時間以内の輸送が可能で“日々の運送コスト低減”、“顧客サービス”が可能。

  • 輸送システム:
    8本の州間高速道路、フェデックス(本社)の大規模な輸送基地があり、メキシコ湾へのアクセス可能な水路、主要鉄道による全国規模の一貫した輸送が可能。

  • 雇用支援・インフラ整備プログラム:
    FastTrack」と呼ばれる州の“職業訓練”及び “インフラ整備”のサポートプログラムあり。

  • 安価で安定したエネルギー:
    州東部にある米国最大の公営ユーティリティ企業TVA(テネシー川流域開発公社)による安価で信頼性の高い電力供給。

  • 製造業に優しい税制:
    個人所得税(州・地方)や州の固定資産税無し。

  • 製造業に優しい優遇措置:
    ユニークな雇用促進減税や各種インセンティブ有り。

  • Right-to-Work:
    労働権法(Right-to-Work Law)により、労働組合加盟の有無に関わらず就労権利が保障され企業運営がし易い。

テネシー州は
  • “自動車製造競争力”で全米1位(2010年より5年連続)
  •   一人当たりの債務額が全米で最も低く"健全な財政"を維持。
  • “海外投資による雇用創出”で全米1位(2013年)