ノースカロライナ州 State of North Carolina

ノースカロライナ州政府日本事務所
www.nctokyo.com

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-20-4 虎ノ門鈴木ビル5F
TEL:03-3435-9301, FAX:03-3435-9303
E-mail:info@nctokyo.com

代表:柴田純男
マーケティング・マネジャー:増村亜希子
シニア・マネージャー(在NC):コリー・ハワード(日本語対応)

業務内容:貿易促進、投資誘致

関連事務所:
ノースカロライナ港湾局
日本代表:青木規
TEL/FAX:044-888-9669

ノースカロライナ州の概要

ノースカロライナ州はアメリカ東海岸のほぼ中央に位置しています(北緯33-36度)。四季に富んだ温暖な気候や、美しい自然を持つことから、全米各地からの移住率トップにランクされる州のひとつです。人口は1千万人を超え、全米で9番目に人口の多い州となっています。一方、その恵まれた立地条件に加え、優れた輸送網、安価な操業コスト等で、全米でも屈指のビジネス環境として、注目されています。また、州の研究開発の拠点である「リサーチ・トライアングル・パーク」は、7000エーカー(約857万坪)という広大な規模のハイテク産業クラスターで、産学官連携のお手本として日本からも注目を集めています。

ノースカロライナ州の投資環境

現在までに180社を越える日系企業がノースカロライナ州への進出を果たしています。その業種は様々で、自動車部品、産業機械、医薬品、バイオテクノロジー、化学品、テキスタイル、食品等、多岐に亘ります。税金負担額や労働コスト、製造業労働組合組織率の低さとは対照的に、生産力と労働意欲の高さは全米でもトップクラスです。経済開発・企業立地に関する全米有数の月刊誌のひとつである「サイト・セレクション」誌が毎年行っているビジネス環境ランキングでたびたびナンバーワンの地位を獲得しています。当事務所では、ノースカロライナ州への企業進出に必要な情報・資料提供やサイト・コンサルティングなどを無料で行っています。法律ガイド、税制、環境規制、雇用法などの日本語の資料をご用意していますので、どうぞお気軽にお問い合せください。

ノースカロライナ州の主要産業

ノースカロライナ州はたばこ産業や家具、織物などの伝統産業で知られる一方、近年ではソフトウェア、IT、バイオテクノロジー、化学品、医薬品のようなハイテク分野でも成長目覚しく、「知的クラスター」を備えた州として、高い評価を得ています。日本はノースカロライナ州にとって4番目の輸出相手国で、年間対日輸出額17億ドルの確かな実績は、優れた製品の証です。当事務所では、様々な製品のご紹介やビジネス・マッチング、輸入のお手伝いなどをしています。また、各展示会・トレードショーなどへの出展も行っています。